大沼の箱形くりぶね(きっつ) おおぬまのはこがたくりぶね(きっつ)

有形民俗文化財 / 東北 

秋田県
1隻
秋田市下北手桜字守沢46-1
指定年月日:19640529
管理団体名:
備考:
ノースアジア大学
重要有形民俗文化財

 このくりぶねは、杉の一木を刳って作られたもので、全長 は2.51m、最大幅は0.68mある。秋田県仙北市田沢湖神代(旧田沢湖町神代)にある大沼(潅漑用の沼)において、やす漁に使用された扁平角形の小舟である。
 秋田地方では一般に長方形の槽または箱を「きっつ」と呼んでおり、この小舟の「きっつ」という名称もこれに由来する。

作品所在地の地図

関連リンク

大沼の箱形くりぶね(きっつ)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田沢湖のまるきぶね
作業用覆面コレクション
男鹿のまるきぶね
田沢湖のクニマス(標本)
草彅家住宅(秋田県仙北郡田沢湖町) 土間
ページトップへ